東京都新聞販売同業組合

都内23区内の朝日新聞・産経新聞・東京新聞・日本経済新聞・毎日新聞・読売新聞の販売店で構成する組合です。

組合員相互の親睦を図り、新聞販売に関する調査研究をなし以て新聞本来の使命に徹し、業務の向上発展を企図するを目的とし、目的を達成するため「業務運営に関する調査研究」「福利厚生に関する事項」「その他必要なる事項」の事業を行っています。

東京都と見守りに関する協定を締結しています

1.高齢者の包括的な見守り活動「都との事業者との連携による高齢者等を支える地域づくり協定」を2016年3月30日に東京都と締結しました。「高齢者の見守り協定」は、日常的に高齢者と接する機会が多く、都内で広域的に活動する事業者・団体が、日常の業務中に気を配り、高齢者の異変に気付いた際に、区市町村等に連絡する活動です。また、都と連携して認知症高齢者を支える地域づくりや消費者被害防止に向けた取り組み等を推進しています。

2.地域の子どもや高齢者などの弱者を見守る活動「ながら見守り連携事業に関する協定」を2016年9月2日に東京都と締結しました。「ながら見守り協定」は、地域に密着した事業者が、地域の子どもや高齢者など弱者が犯罪や交通事故などの被害に遭うことなく安全に安心して暮らせるよう連携して見守る活動です。

「すべての教室へ新聞を」運動を奨励しています

『すべての教室へ新聞を」運動は、2001年12月「子どもの読書活動の推進に関する法律の施行により、国をあげて活字離れに取り組む体制が打ち出されたことに呼応し「海底に新聞のある暮らしを広め、日本の文字・活字文化の発展に資する」との観点から公益社団法人日本新聞販売協会が取り組みをスタート。2002年8月に文部科学省の後援を得て、2004年4月に東京都葛飾区の金町・水元地区から始まりました。

組合概要

【名  称】 東京都新聞販売同業組合
【住  所】 東京都中央区銀座1-19-9 三鈴ビル3階(GoogleMapで開く
【設  立】 1945年12月15日
【第78期執行部】 組合長  酒井 理之(読売)
副組合長 小池  徹(毎日)
副組合長 渡邊 伸樹(朝日)
副組合長 馬内 廣美(日経)
副組合長 澤田 明雄(産経)
副組合長 佐藤 和昭(東京)
副組合長 小川  豪(読売)
【組合員数】 620店(2020年4月30日現在)